痣。
a0013590_23294994.jpg

やっと応急救護の講習を受けてきました。
これが残っているがために卒業が遅れていたのです。


応急救護の講習は大学で受けたことがあって資格も持っていたのですが、
赤十字の資格ではないことと看護師ではないことが理由で再受講です。
(何故看護師だけが特別なのかは謎)。



帰宅してから気づいたことですが、
心臓マッサージを頑張った結果右手の甲に痣が出来ていました。


一応技能教習も1時間してきました。
教習所がガラガラで、最終時間の教習は私のみ。
いつもの仲良しな教官と教習してきました。
おそらくこの教官との教習は卒業検定に不合格にならない限り最後。
そう思うとなんだか感慨深いのですが、いつも通りの教習でした。
ちょっぴり違ったのは教官が気づいた事を教習手帳に書き込んでくれた事。
仮免前にも書き込んでくれたのですが、
昨日は思いのほかたくさん書き込んでくれていました。
『この時間の教習が無駄になったらいけないから。』
らしいですが、有難かったです。
見極め、卒業検定を受ける前に読み返さなきゃ。

始めはキツイことを言われて苦手だったのに、
最終的にはその教官を指定して教習まで受けるようになるとは。
1か月前の私が知ったら驚くでしょう(^-^;
この教官との教習は緊張しないで運転できるので本当に楽しみで。
気の重い教習所生活で楽しみがあったのは良かったなぁと思います。



来週、教習所の卒業検定を受ける予定です。
無事一回で合格できると良いのですが…。
[PR]
by miki_0127 | 2006-04-29 23:29 | from handyphone.


<< 卒業検定。 靴下。 >>